ニュージーランド南島一周の旅

マウント・クック(アオラキ)について - 6日目:マウント・クック(アオラキ)

ニュージーランドの南島にはネルソン、クライストチャーチ、クィーンズタウン、ダニーデン、レイク・テカポ、マウント・クック(アオラキ)、ミルフォード・サウンドなど、数多くの見どころがあります。

ニュージーランドの南島を旅してみたい方に「マウント・クック(アオラキ)について-6日目:マウント・クック(アオラキ)」をお伝えします。

マウント・クック:Mount Cook

アオラキ:Aoraki

ニュージーランド最高峰の山

このニュージーランド最高峰の山の英語名はマウント・クック(Mount Cook)、マオリ語でアオラキ(Aoraki)と呼ばれています。

アオラキ(Aoraki)とは南島のマオリの部族、ナイ・タフ族の言葉で「雲を突き抜ける山」という意味です。英語名はジェームズ・クックの名をとって名づけられました。一般的には英語名で表記されます。

ニュージーランドのオークランド出身の登山家、冒険家であるエドモンド・ヒラリー卿が人類初のエベレスト山登頂を成し遂げる前に登山技術を磨いた場所としても知られています。

 

写真をクリックすると拡大写真のページへジャンプします。

サー・エドモント・ヒラリー・アルパインセンター

サー・エドモント・ヒラリー・アルパインセンター(Sir Edmund Hillary Alpine Center)

ハーミーテージ・ホテル(The Hermitage Hotel)に隣接しています。ここのカフェでのんびりしながら、マウント・クックを眺めました。


カフェ

カフェ

飲み物も食べ物もセルフサービスになっています。店内の席とテラス席があります。


ホットチョコレートとマフィン

ホットチョコレート 5ドル

マフィン 4ドル


カフェのテラス席から眺めたマウント・クック

カフェのテラス席から眺めたマウント・クック(Mount Cook)/アオラキ(Aoraki)


エドモンド・ヒラリー卿の銅像

エドモンド・ヒラリー卿の銅像

髪型がドラえもんのスネ夫に似ているので、私たちは勝手に「スネ夫」と呼んでいました。ごめんなさい。エドモンド・ヒラリー卿。


スネ夫、じゃなくて、エドモンド・ヒラリー卿が常に眺めている景色。

スネ夫、じゃなくて、エドモンド・ヒラリー卿が常に眺めている景色。


サー・エドモント・ヒラリー・アルパインセンターの詳細

サー・エドモント・ヒラリー・アルパインセンターは2008年にハーミーテージ・ホテルに隣接する形でオープンしました。

エドモンド・ヒラリー卿が残した当地での偉業を記念し、3Dムービーやプラネタリウム、星空観察ツアーや博物館などで構成させています。

ハーミーテージ・ホテルの詳細

住所 : Terrace Road Mount Cook Village Aoraki Mount Cook 7946 Mackenzie New Zealand (地図

電話番号 : (03)- 435-1809?

フリーダイヤル : 0800-68-68-00

Email : reservations@hermitage.co.nz

ホームページ : http://www.mount-cook.com/

営業日 : 年中無休

営業時間 : 9:30 ~ 22:00

 

次のページ「タズマン・バレーのハイキング-6日目:マウント・クック(アオラキ)」へ